ビットコイン取引を安全に始めよう!

ビットコイン取引を始めてみたいけれど、どの取引所がおすすめか分からない。コインチェックの事件があったし安全性が気になる…

 

そんな不安を感じている方も多いですよね。

 

そこで当サイトでは仮想通貨取引が初めての初心者の方が安全にビットコイン取引をできる取引所を厳選して4つピックアップしてご紹介します。

 

安全性はもちろん、使いやすさや手数料の安さなどビットコイン取引の際にチェックすべき項目についても調べましたので、ビットコイン取引を始める参考にして下さいね!

 

ビットコイン取引所の選び方

 

ビットコイン取引を始めるためには、まず取引所への登録が必要になります。

 

ビットコイン取引の需要が増えたことによって取引所の数も増えていますが、特に初心者は安全性を第一に選ぶことが何よりも大切です。

 

特に、今回のコインチェック事件で問題になった「コールドウォレット」と「マルチシグ」については必ず押さえておきましょう!

 

コールドウォレット

 

ビットコインなどの仮想通貨は「ウォレット」で保管します。ウォレットというのは文字通り「お財布」をイメージしておくと分かりやすいですね。

 

このウォレットをオンラインで管理しているのが「ホットウォレット」で、オフラインで管理しているのが「コールドウォレット」です。

 

当然、オンラインで管理しているホットウォレットはハッカーその他に狙われやすくなりますし、ネットから遮断したオフラインで管理されているコールドウォレットは外部からの危険が少なくなります。

 

ただ、コールドウォレットで管理すると手間や費用がかかるというデメリットがあるので、その分が手数料に反映されたりする可能性もあります。

 

コインチェックの場合、ビットコインとイーサリアムはコールドウォレットで管理されていましたが今回ターゲットになったネム(NEM)はコールドウォレットでの管理がされていなかったことが明らかになりました。

 

マルチシグネチャ(マルチシグ)

 

マルチシグネチャー(マルチシグ)というのは、仮想通貨の資産を移動する際に複数の秘密鍵を分散管理する運用方法を指しています。

 

マルチシグであれば自分の仮想通貨を送金するためには自分の秘密鍵だけでなく取引所の秘密鍵など複数の秘密鍵が必要になるため、セキュリティが高くなります。

 

通帳と印鑑の両方が揃わないとお金がおろせない、しかも通帳と印鑑は別々の人が持っていてそれぞれ別の合言葉を言わないと渡してもらえない、というイメージですね。

 

コインチェックの流出事件ではネムをマルチシグで管理していなかった点も問題視されています。

 

なので、ビットコインなどの仮想通貨を安全に取引できる取引所を選ぶときには「コールドウォレット」と「マルチシグ」を大前提として考えることが大切になります。

 

その他には

 

  • 仮想通貨交換業者登録
  • 手数料の安さ
  • 使いやすさ
  • 経営の安定性
  • 取り扱いコインの種類

 

これらもチェックしておくポイントと言えます。特にビットコイン取引の初心者であれば、使いやすさも重視しておくことをおすすめします。

 

厳選!おすすめビットコイン取引所4選

 

上記の点を踏まえ、ビットコインおすすめ取引所を4つピックアップしました。

 

ビットフライヤー

 

ビットフライヤーは日本最大の取引所で取引量・ユーザー数・資本金において第1位という抜群の安定感がある取引所です。
株主を見ても、有名な大手企業がたくさん参入しているのが分かりますね。

 

 

またビッグカメラなどの大手企業でもビットフライヤー経由でビットコインが使えるようになってきました。仮想通貨の普及にも力を入れているので、今後もビットコインが使えるお店が増えていくことが予想されます。

 

 

ビットフライヤーは、ビットコイン取引を始めるのなら、まずは口座開設しておくべき取引所であると言えそうです。

 

 

ザイフ

 

GMOコイン

 

QUOINE

 

イチオシ取引所はビットフライヤー